「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

新チームの片鱗は見せたが連携の構築はこれから/【レビュー】練習試合@宮崎キャンプ テゲバジャーロ宮崎戦

「いまがピークだと思います」

 少し寝不足なのだろうか。土居聖真の目のまわりは少し赤みを帯びており、新シーズン最初のゴールを奪ったのに表情は乏しかった。疲労感を問うと、そんなこと聞かなくてもわかっているだろ、と言わんばかりの雰囲気を漂わせる。そして、いまが疲労のピークであると明かした。

 選手たちの出力は2日、3日前の50%程度に見えた。体を入れてキープしなければいけない場面で反応できない。競り合いに行く場面で競りにいけない。クロスに飛び込む場面で誰もいない。

「ここで疲れてなかったヤバイです。チーム全体として重さはあったし、これで(普通に)できたらキャンプはいらないです」

 

鹿島 1-0 テゲバジャーロ宮崎

1本目(1-0)、2本目(0-0)、3本目(0-0)

<得点者>
[鹿]土居聖真

 

 

 

(残り 1626文字/全文: 1993文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック