「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

ベンハミン・モラ監督「我々のホームで戦えることを好機と捉えてまた鹿島と戦いたいと思います」/【監督コメント】AFCチャンピオンズリーグ2019 ジョホール戦

■ベンハミン・モラ監督

ACLはチームにとって重要な大会で、そこに最初の出場を果たすことができうれしく思っています。鹿島は昨年のACLチャンピオンであり、クラブワールドカップではレアル・マドリードやチーバスと戦ったすばらしいチームです。我々にとってはとても大きなチャレンジでした。こういったすばらしいスタジアムやピッチという日本の環境で試合ができたことをうれしく誇りに思います。試合自体はとても厳しいものでした。鹿島の試合を何試合か見ましたが最終的にはピッチに起こることなので、我々は序盤から戦いを続けました。ただ、今日の結果は結果ですが、今度はホームのマレーシアでの戦えるチャンスがあります。我々のホームで戦えることを好機と捉えてまた鹿島と戦いたいと思います。

 

(残り 458文字/全文: 789文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック