「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

勝ちにいく試合、勝たなければいけない試合/【プレビュー】明治安田生命J1リーグ第3節 湘南ベルマーレ戦

 鹿島にとってはどの試合も勝たなければいけないとはいえ、先日のAFCチャンピオンズリーグ・ジョホール戦と同じように、この試合も勝てば大きな自信が得られる。勝ちにいく試合であり、勝たなければいけない試合だ。

 ジョホール戦は若手を起用するという意味で勝つことに大きな意味があった。今回は、レアンドロが戦力として復活してくれるかどうかを占う意味で重要となる。また、内田篤人が先発する試合では絶対に負けられない。彼がいないと勝てないというのでは困るが、内田がいれば勝てるという状態が続けば、選手たちは迷うことなく一気に戦い方を統一できる。

 湘南は難しい相手だが、必ず勝点3を得なければならない。

 

(残り 1329文字/全文: 1625文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック