「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

最期に相手のパワープレーが待っている気の抜けない90分/【プレビュー】AFCチャンピオンズリーグ2019 山東魯能戦

 スタジアムの芝は足が長く、選手によれば場所によっては「かなりゆるい」ということだった。FWのペッレ、MFのフェライニ、CBのジル。いずれも190cmを越えた大柄な選手たちだ。足下でパスをつなぐサッカーではなく、ペッレを目がけてロングボールを蹴り込んでくることが、ピッチの様子からもうかがえた。

 

 

(残り 1169文字/全文: 1327文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック