「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

自分の立ち位置で相手を動かした白崎凌兵/【レビュー】練習試合 水戸ホーリーホック

 前半はいつもの内容だった。攻撃に逸り、相手陣内に侵入した同サイドで攻め、そのままボールを失うことの繰り返し。サイドチェンジは少なく圧縮して守る相手守備をこじ開けることもできなかった。サイドからいくらクロスを送っても高さで勝負できる選手がゴール前にいるわけではない。トップ下で先発した白崎凌兵もほとんどボールを触ることができず、無為な攻撃が続く45分だった。

 しかし、後半になると落ち着いて試合を運ぶことができるようになった。その大きな要因は選手たちのポジション変更。それにより相手に付き合うことなく、落ち着いてボールを運び、相手を崩すことができるようになった。

 攻撃を組み立てたのは白崎凌兵だった。

 

鹿島 1-1 水戸(45分×2本)

1本目(0-0)、2本目(1-1)

<得点者>
[鹿]金森健志

 

(残り 1981文字/全文: 2340文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック