「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

もったいない試合/【レビュー】明治安田生命J1リーグ第5節 ジュビロ磐田戦

 じつは、いまトゥールーズに来ています。

 鹿島の試合スケジュールをにらみながらどこかのタイミングで行けないかと思っていました。再開初戦の磐田戦も非常に大切な試合だったのですが、どうしても他にタイミングがないのでここを選びました。今回のレビューは現地ではなくDAZNの映像を見てのレビューとなります。すみません。

 なんとなくばつが悪いのでですます調で許して下さい。

 

 

 試合は、非常にもったいない試合でした。”戦術レアンドロ”は前半を見る限りかなり機能していたのではないでしょうか。相手は5バック気味の[3-4-2-1]だったためレアンドロの対面はアダイウトンではありませんでしたが、それでも右SHのレアンドロが前半から再三再四チャンスをつくっていました。そこで1本でもゴールが生まれていれば大量得点も望めたかもしれません。非常にもったいない試合をしたと思います。

 勝点1に留まる残念な試合でしたが、札幌戦から一人メンバーが変わっても守備の強度は保つことができたと思います。もちろんボールをどう運ぶのか経路があまり定まっていない磐田が相手だったということもありますが、ボールをロストしてから切り替えは非常に早く、相手陣内でボールを奪い返す場面が非常に多かったと思います。ボランチの関係性もよく、レオ・シルバが攻撃に絡みつつ、永木亮太が後ろでバランスを取る形はセカンドボールの回収においても機能していました。チームとしての形が定まってきた印象があります。

 それだけに勝利を得たかったところです。

 ただ、磐田との試合はこれで4試合連続の引き分けとなりました。その原因は、両監督の志向するサッカーが非常に似通っていることが一番の原因と思われます。

 

(残り 2169文字/全文: 2925文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック