「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

大岩剛監督「後半自分たちがギアを上げざるを得ない状況になってしまった」/【コメント】明治安田生命J1リーグ第6節 名古屋グランパス戦

■大岩剛監督 

前節と同じように自分たちが後半の立ち上がりに失点して、自分たちで難しくしてしまいました。当然、前半は我慢する時間帯が多かったんですけど、非常にいい形で強度を落とすことなくできていたんですけれども、後半自分たちがギアを上げざるを得ない状況になってしまった。逆転は評価できるんですけど、しっかりと失点のところの改善をしたい気持ちは強いです。ただ、首位の名古屋の勢いを止めることをしっかり止めることができたのは評価に値する。次のACLに向けてしっかり切り替えようという話しは選手にしました。

 

――次のACLに向けて課題は?

先ほども言ったように失点の部分は絶対にしてはいけないというのは徹底したいと思います。あとは我々はアウェーに向かうわけですけども慶南の注意しなければいけないところはすでに分析は始めていますし、そこを消しながらアウェーでしっかりと勝点3を取るゲームにしたいと思います。そのための準備をしていきたいと思います。

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック