「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

今季を占う重要な一戦/【プレビュー】明治安田生命J1リーグ第7節 FC東京戦

 韓国から帰国して中4日でFC東京との対戦に臨む。日程的には少し厳しいのかもしれないが、慶南FC戦には伊藤翔、土居聖真が帯同しなかった。レオ・シルバ、永木亮太も温存し、レアンドロはそもそも登録外なのでプレーしていない。主力をうまく入れ替えながら戦えているのは、今季の大岩采配の特長と言えるだろう。

 劇的な展開での逆転勝ちはチームに勢いを与えている。若い選手でも勝てた影響か、練習にも活気があった。それでも内容はもっと改善できる。わかっていたのに後半立ち上がりで失点を繰り返したことは、選手の誰もが意識していた。

 

 

(残り 1372文字/全文: 1637文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック