「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

それぞれの敗戦/【練習レポート】

 練習にクォン・スンテが戻ってきた。やはり彼がいるだけでGK練習は活気が増す。つねに声を出し続け(そのほとんどが韓国語だが、それでもとにかくしゃべるしゃべる)ることで、練習のペースをつくっていく。自分のプレーがよければ満足そうな声を出し、悪ければ悔しそうな気持ちを全身で表す。チームメイトがいいプレーをすれば自分のことのように喜び、曽ヶ端準がミスをすれば「ソガさん!」と指摘する。今日は、自分のプレーに納得がいかず佐藤洋平GKコーチに「もう1回いいですか」(これは日本語だった!)とお願いしていた。良くも悪くも黙々とプレーしがちな日本人選手が多いなかで、スンテがいることは非常に大きな救いになっている。

 

 

(残り 1455文字/全文: 1767文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック