「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

DF39犬飼智也「あれくらいのプレッシャーは強度の強いチームなら当たり前」/【コメント】明治安田生命J1リーグ第13節 サガン鳥栖戦

■犬飼智也選手

今日は0-0で終わりたかった。小野選手が抜けてきているのはわかっていました。もう少し寄せるかコースに入るか、だったと思います。映像をもう1回みたいと思います。譲り合ったというわけではなく、僕がボールに行って誰かに中を見させるべきだったと思います。その前のゴールキックだったのにセカンドボールを拾われてああいう形になったので、そこからかな、と思います。

 

(残り 367文字/全文: 550文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック