「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

大岩剛監督「最後勝ちきれなかったというところが次に向けての反省点」/【コメント】明治安田生命J1リーグ第14節 ガンバ大阪戦

■大岩剛監督

前半先制されたこともあって自分たちで相手のペースに合わせてしまったところがあったので、後半、そこは修正しながら非常にいい形で守備、攻撃共にできていたんですけど、最後勝ちきれなかったというところが次に向けての反省点じゃないかと思っています。

 

――後半、建て直したというところでどこがよくなったのか教えてください。

前半は相手のボールの動かし方に対してこちらから動いてしまう、食いついてしまうという言葉が適当かわかりませんが、自分たちが動いてしまってスペースを与えてしまったところが多々あったので、後半はそういったことなくコンパクトに守備ができていて、いい攻撃につながっていたのではないかと思います。 

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック