「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

終盤の2得点で辛くも勝利をあげる/【レビュー】練習試合 新潟医療福祉大学

 中断期間を利用して新潟医療福祉大学との練習試合が行われた。試合は2-0で勝利したがゴールを奪ったのは後半の終わり際になってのこと。なかなか攻めの形がつくれず苦労した内容からはチームが抱える課題がはっきり見えた。

 新潟医療福祉大学は[4-4-2]、鹿島はいつもの[4-4-1-1]で試合をスタートさせる。左SBには小池裕太、トップ下に安部裕葵が入る布陣はどれだけ機能するか注目された。ところが、試合は序盤から新潟医療福祉大のペースで進むことになる。鹿島は相手の守備をうまく突破できなかった。

 相手はブロックをつくるだけでなくFWの追い込みによって鹿島のSBにパスが出るように誘導していく。SBにパスが入るとSH、ボランチ、CBそれぞれにマークが付き、パスが出ることを封鎖。SBからSHに縦パスを出しても強く当たられるとキープできず失ってしまう。それならばとSHやFWがDFラインの裏に飛び出して起点をつくろうとするがオフサイドを連発。なかなか攻撃の形がつくれないまま時間が推移していった。

 

(残り 2638文字/全文: 3085文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック