「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

城福浩監督「我々のペースに持ち込むのになかなか苦労した試合だった」/【コメント】AFCチャンピオンズリーグ2019ラウンド16 サンフレッチェ広島戦

■城福浩監督

選手は持てる力を出してくれたと思いますし、鹿島のストロングを意識しながら決定機はそれほどつくられなかったと認識しています。ただ、ワンチャンスを決める力があるのが鹿島で、そこからゲーム運びを含め、我々のペースに持ち込むのになかなか苦労した試合だったなと思います。後半、地上戦でもっと相手をアタッキングサードでもっと崩したかったんですけど、前半の方が崩した印象があるので、後半ボールを持ちながら崩しきれなかったところがいまの我々の課題かなと思いますし、それをセカンドレグにつなげて、今日の悔しさを広島のサポーターとしっかり晴らしたいなと思います。

 

(残り 817文字/全文: 1095文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ