「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

ACLから見えていた失点の予兆。スカウティング結果を生かせず負けに等しい引き分け/【レビュー】明治安田生命J1リーグ第17節 サンフレッチェ広島戦

 開始1分にも満たないうちにレアンドロが先制点をあげ、その後もおもしろいようにボールを奪い攻撃につなげていく。3連戦を締めくくる試合は怪我人続出のなかで難しいメンバー構成で臨んだはずだった。しかし、蓋を開けてみれば見事な出足でゴールを奪ってしまった。山口一真と小池裕太が組む左サイドは怖れを知らない若手だからこそ出せる勢いと躍動感があり、彼らにレアンドロとレオ・シルバが加わる前へ向かうベクトルの数と鋭さは、難しい試合になるという予想を気持ちよく裏切るものだった。

 

 10分、三竿健斗から受け取ったパスにすぐさま反転してゴールを狙った小池のシュートがニアサイドを打ち抜いていれば、この試合は早々に片が付いていたかもしれない。それくらい鹿島の勢いは相手を凌駕し、選手たちの姿は頼もしく映った。

 ところが、試合後に残った結果は2-2の引き分けと勝点1。そしてなにより、大きな大きな悔しさが胸に刺さったまま残った。

「負けみたいなもん」

 土居聖真の感情のない顔が、この試合を物語っていた。

 

 

(残り 3807文字/全文: 4288文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック