「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

チーム状態がうかがわれる紅白戦。仙台戦は大丈夫?/【練習レポート】

 なかなかな紅白戦だった。もちろんいい意味ではない。なかなか心配になる内容だった。

 発端はスローインの対応からだった。センターライン付近の右サイドでサブ組にスローインを与えると、犬飼智也とレオ・シルバでコミュニケーションが取れておらず簡単にスローインを許してしまう。一度やり直したが今度はレオ・シルバとレアンドロでマークの受け渡しができず、またも簡単にサイドを変えられてしまった。

 ビルドアップで簡単なパスミスが起きるとクォン・スンテが「しゃべる!」と怒りを露わにするも、そのクォン・スンテにミスが出てしまい、先のスローイン時に不満を表していた三竿健斗も足に根が生えたようにボールに寄せられない。チーム全体でまったくいいところがない内容となってしまった。

 

(残り 1221文字/全文: 1551文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック