「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

MF20三竿健斗「僕には鹿島でやることがある」/【選手コメント】

 木曜日、試合前々日恒例の紅白戦が行われた。前節の仙台戦の前はサブ組がいいパフォーマンスを見せたが、今回は逆に主力組が圧倒する内容となった。安西幸輝、安部裕葵、鈴木優磨の3人が移籍したことでサブ組の選手たちにはベンチ入りの可能性が圧倒的に大きくなった。しかし、まだまだ安定した力を発揮することは難しいのだろう。一度悪くなった流れを取り戻すことはできなかった。

 選手が3人も移籍したがチームに動揺する様子はない。

「僕には鹿島でやることがある」

 移籍した選手たちと同年代の三竿健斗からは強い意識を感じさせた。

 

(残り 619文字/全文: 874文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック