「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

ゴールへの足音。セットプレーにかかる大きな期待/【プレビュー】明治安田生命J1リーグ第20節 サガン鳥栖戦

 前節ほど簡単にポゼッションを握ることはできないだろう。

 仙台のプレッシャーはそこまで強くなかった。特に前半は、2人のCBが同時にプレッシャーを受けることはなく、サイドにさばいてもSBへのプレッシャーも遅い。FWは片方がボランチをケアするために下がってくれた。鳥栖のプレッシャーのかけ方は少し違うが、ロングボールを基軸として体をぶつけてくることを避ける方法はない。

 球際の戦いに勝つことがまずは基本となる。

 

(残り 1194文字/全文: 1400文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック