「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

☆無料記事☆大岩剛監督「総括は難しいですね」/【コメント】明治安田生命J1リーグ第21節 湘南ベルマーレ戦

■大岩剛監督 

総括は難しいですね。最後のプレー…。後半頭に失点していることがこの試合を象徴していると思います。しっかりと自分たちが後半の立ち上がりに入れなかったということが後々響いたのかなと思います。

 

――同点に追いついてから上田選手を投入しました。チームの狙いは?

得点を奪うことですよね。最後やっぱり我々がサイドで優位性をつくって得点を奪うということを狙って投入しました。

 

――終盤の失点は浦和戦に続いてです。共通する課題は?

当然、失点をしているのでいろんな改善が必要だと思います。自分たちがボールを支配することだったり、簡単にボールを奪われないことであったり、セットプレーの対応であったり。そういうものすべてだと思います。時間帯も考えてセーフティにやるところ、そういうところもしっかり割り切ってやらないといけないと思います。

 

――前半なかなかボールを持てない時間が多かったと思います。どういう修正を加えたいと思っていますか?

判断ですね。自分たちがボールをつなぐところとつながないところの判断、状況判断をすばやくするところですね。次の試合にむけてしっかり準備をしたいと思います。

 

――後半、うまく入れない理由は?

いろんな要因があると思います。当然、我々の集中力・注意力について伝えたつもりですが、自分たちの意識、プレースピード、あとは守備、攻守の切り替えのスピードですね、そういうものをもっともっと早くしないといけないし、強くしないといけな勝ったのではないかなと思います。

 

――中2日で臨んだなかでの選手の動きは?

しっかり準備してこの試合に臨んだので、当然、日程に対して自分たちは最善を尽くして準備してきたので、その影響がありながらも、しっかりやるべきことをやるというところが少し欠けていたのかなと思います。

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック