「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

左サイドをどう機能させるか。この2試合で見えた課題/【コラム】

 安西幸輝がポルティモネンセに移籍してからすぐに小池裕太がその穴を埋める活躍を見せた。その貢献度は高く、火急の事態をうまく切り抜けることができた。しかし、明治安田J1広島戦から出場を続ける小池も得点に絡む回数が減り、湘南戦ではチーム全体の攻撃が(特に前半で)機能しなかった。

 右サイドはレアンドロと永木亮太が組んでいるが、どうしても仕掛けることを前提とするレアンドロのプレースタイル上、失敗すればボールロストにつながることが多く、安定した組み立てにはつながらない。攻撃時間を長くするためには左サイドの機能性を高めることが不可欠だ。

 では、どうすればボールにキープに繋げることができるのだろうか?

 

 

(残り 1503文字/全文: 1809文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック