「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

生き残りを賭けた一戦/【プレビュー】明治安田生命J1リーグ第22節 横浜Fマリノス戦

 3位と4位の直接対決だ。首位のFC東京との勝点差は現在7開いている。これ以上離されないためにも、そして2試合勝利なしで終わらせるためにも、勝点3が求められる。

 チームは水曜、木曜で戦術練習を行った。横浜Fマリノスの布陣は[4-3-3]。先日行われたマンチェスターCとの試合でもポゼッション率は上まわっていたようだが、ボールを保持するのはうまいチームである。前回対戦では前半だけでSHの体力を奪われ、後半は出足が鈍ったところから崩される逆転負けだった。この暑さのなかでの対戦ということを踏まえると、前回以上にうまく戦わなければならない。

 守備についてはある程度の目処は立ちそうだ。水曜から木曜の様子を見ていると、選手たちのなかで対処法が整理されているように見えた。問題は、奪ったボールをどうやって前進させるかだろう。湘南戦でもそこで苦労したことが前半の苦戦につながってしまった。うまく改善しなければならない。

 

(残り 1280文字/全文: 1687文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック