「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

我慢くらべを制したのは相馬勇紀の一撃/【レビュー】明治安田生命J1リーグ第23節 大分トリニータ戦

 焦れた方が負け。我慢くらべの根くらべを制したのは、個の突破力だった。

 前半は互いに突破口を開くことができなかった。そのため、静かな展開のまま時間が推移していく。プレスをかけて大分をはめることができれば展開を変えることもできたが、早い時間(4分)に小池裕太の背後を取られたところからクロスを蹴り込まれ危険なシーンを場面をつくられた。

 これを機に、鹿島の選手たちは守り方を変える。岩田智輝に白崎凌兵が、松本怜に小池裕太がスライドしてプレスに行くやり方をとらず、白崎が2度追いすることで小池のポジションを動かさないように変更した。

「大分のいままでの試合を見てて。川崎かな?[4-4-2]の川崎が前半からガッと行って、ぜんぶおもしろいように外されてたんですよね」

 白崎凌兵は、大分の選手たちがプレスに来た相手をうまくはがしていくイメージが鮮明に頭の中に残っていたという。

「健斗とかと話していたんですけど、最初に行って、はがされるようだったら我慢しよう、と確認していました」

 こちらが動けば小池や小泉慶の背後のスペースを相手に明け渡すことになる。まず第一に相手の狙いを消し、次にシャドーやトップに入るパスコースをしっかり消す。[4-4-2]のブロックを形成することでボールを積極的に奪う場面はつくれなくなったが、相手にもチャンスも与えない。

 そして、相手が焦れたところで勝負をかけ、ゴールを奪う。今回のヒーローは、縦の突破を得意とする相馬勇紀だった。

 

 

(残り 3216文字/全文: 3871文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック