「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

過酷な環境でのスコアレスドロー。この結果は吉か凶か/【レビュー】AFCチャンピオンズリーグ2019準々決勝第1戦 広州恒大戦

 異常なまでの暑さだった。前夜、前々夜まであった風がまったくない。完全に無風のなかで行われた試合の気温は33度、湿度91%という”蒸し風呂”。とてもサッカーをやるような環境ではなかった。

 座っているだけでTシャツが背中にベッタリまとわりつく。ある記者は袖以外、腹まで汗染みで色が変わっていた。そんな過酷な環境のなかでのスコアレスドロー。狙っていたアウェーゴールを奪うことはできなかったが、相手にもほとんどチャンスを与えることなく90分を戦い終えることができた。

「相手が強い方がいい」

 鈴木満常務取締役強化部長が自信を示していたとおり、高い集中力を見せた戦いは、第2戦にポジティブな手応えを残す90分だった。

 

(残り 2188文字/全文: 2522文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック