「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

遠藤康、ここに復活!/【レビュー】明治安田生命J1リーグ第25節 清水エスパルス戦

 明治安田J1は第25節を迎えた。つまり、この清水戦までに24試合が消化している。そのなかで遠藤康が先発機会を得たのはわずかに1回。開幕戦以来の先発は、トップ下での出場だった。

 正直、「なにをやっているんだ」という忸怩たる思いを抱いていた。伊藤翔や白崎凌兵が鹿島を語る資格がないとは言わない。彼らが見せるパフォーマンスは、もう何年もこのクラブでプレーしてきた選手と同等の責任感と理解の深さを示す。土居聖真と並び、彼らの存在がなければこの位置にいることはできなかっただろう。

 しかし、そうは言っても”新入生”に変わりない。本当なら、苦しいときにチームを支え、方向性を示す鹿島生え抜きの言葉が欲しかった。だが、小笠原満男の一番近くに居続け、その一挙手一投足に影響を受けてきた男は沈黙を続けてきた。試合に出ても、どこか元気がなく精彩を欠く。ポジションを失うのも致し方ない内容しか示せずにきた。

 ところが、上田綺世という歳が10も離れた不世出のストライカーを相棒に得ると、かつてない輝きを見せる。15分の先制点を皮切りに、遠藤が牽引するチームは4-0で清水を退けた。

 

 

(残り 2415文字/全文: 2930文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック