「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

欲しかったアウェーゴールを奪い3-2で先勝/【レビュー】ルヴァン杯準々決勝第1戦 浦和レッズ戦

 前半に3得点したものの、後半に2点を返され3-2で試合が決着した。もっとうまく試合を終えられたかもしれないし、後半立ち上がりには白崎凌兵がクロスに左足を合わせて4点目を奪うチャンスもつくった。それが決まっていれば相手の心を折ることができたかもしれない。

 しかし、ベンチから興梠慎三を引っ張り出し、第2戦で想定される相手のやり方を改めて感じることができた。理想的な勝利ではないかもしれないが、悪くない結果と言える。

 前後半で違う試合になることは、昨季のAFCチャンピオンズリーグから何度も味わってきた。浦和にすれば0-3で終わるわけには行かず、とにかく攻めるしかなかっただけに遮二無二前に出てきた。

 トントンと2失点し「逆転されることもよぎりました」(土居聖真)というなかでリードを守ったまま第1戦を終えることができたことは、繰り返しになるが、悪くない結果だ。

 

 

(残り 1659文字/全文: 2075文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック