「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

チャンス到来。集中力と注意力、経験値の差を見せるとき/【プレビュー】明治安田生命J1リーグ第28節 セレッソ大阪戦

 5日の試合でサガン鳥栖がFC東京を2-1で破った。他チームを見ながら順位を考える必要はないかもしれないが、1試合少ないところでFC東京との勝点差は1のまま。明日のセレッソ大阪戦に勝てば彼らを突き放すことができる。横浜Fマリノスも勝利しており、下からも勝点差を詰めているチームがいる。

「ここからの試合は1試合も落とせる試合が無いし、リーグ戦は前後(の順位)が詰まっているんで余計に負けられない」

 伊藤翔の言葉が物語るとおり、ここからは1試合も落とすことができない。勝ち続けられたチームが最後に頂点に立つことになるだろう。

 

(残り 1726文字/全文: 1990文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック