「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

☆無料記事☆大岩剛監督「今日の試合の目的である勝点3をしっかり取ることができた」/【コメント】明治安田生命J1リーグ第28節 セレッソ大阪戦

■大岩剛監督 

今日の試合の目的である勝点3をしっかり取ることができたゲームだったと思います。ボールを支配される時間がながかったですけど、CBを中心にして相手の良さを消すというところがしっかりできていて0失点で終えることができたことは、非常に評価したいと思います。

 

――小泉選手が昨日まで練習していたと思いますが、今日はベンチにも入っていません。言える範囲で理由をお願いします。

我々は次の試合であるルヴァン杯が中2日であります。今日出場していない選手に関して言えば、コメントを控えさせていただければ幸いです。

 

――セルジーニョ選手が途中で交代しました。怪我などはなかったのでしょうか?

本人から少し無理だという話があったので交代させました。しっかり検査をさせて、それからコメントしたいと思います。よろしくお願いします。

 

――町田選手を先発で起用しました。彼の起用の狙いと効果についてお願いします。

狙いは詳しくは申し上げられませんけど、我々は試合がたくさんあるということで、つねに準備をそれぞれの選手がしようということで今シーズンはやっています。非常にいい準備をしていた町田を使うということに対して、セレッソさんを分析した上で、調子のいい、コンディションのいい町田を今日は使おうという判断をしました。よくやってくれと思いますし、このあと代表選手としてチームからいなくなりますけど、今日の試合をしっかり締めてくれたことは評価しながら代表に送り出したいと思います。

 

――FC東京が8節から守ってきた首位から引きずり下ろして単独首位に立ちました。それについて思うところはありますか?

FC東京さんがどのタイミングで首位になったかは把握していませんでした。我々がトップを取ったという意識はありません。我々は目の前の試合に勝つという意識でやってきましたので、今日の試合、アウェーの難しい試合を勝ち切るということを目標にやってきましたし、次のルヴァン杯、川崎戦に向けてしっかり準備するという話しを選手にしました。

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック