「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

☆無料記事☆大岩剛監督「怪我人が多いということはしっかりと受け止めなければいけないと思います」/【コメント】ルヴァン杯準決勝第2戦 川崎フロンターレ戦

■大岩剛監督 

まず今日の試合のコメントの前に、昨日、大きな台風で茨城県、千葉県、埼玉県を中心とした甚大な被害を受けてしまった方たちにお見舞いを申し上げると同時に、いち早く復興して元気な、もとの生活に戻れることを祈っていることを伝えたいと思います。

今日の試合は、そういう自然災害がありながらもたくさんのサポーターの皆さんが来てくれて、なんとか勝ち切って次の決勝に進みたかったんですけど、選手は90分間よく戦い続けてくれたと思います。自分たちがやろうとすることをしっかり表現してくれていましたし、選手それぞれが役割を全うして、残念ながら決勝には行けませんけども、選手たちが見せた姿勢というものは、我々はJリーグと天皇杯という2つのタイトルに挑む権利がありますので、そこにフォーカスしながら次の試合に向けた最高の準備をするということを選手に伝えました。

 

――最近の試合で故障者が増えてチーム事情も苦しいものがあると思います。リーグ戦、天皇杯に向けてチーム状態を上げるために必要なことを教えて下さい。

怪我人が多いということはしっかりと受け止めなければいけないと思います。当然、なにかしらの原因があるわけですし。ただ、それをやることと共に、我々がずっと続けてきていることの継続、攻守においてしっかりやることの継続と、先ほども言いましたとおりこの悔しさを必ずJリーグのタイトル、天皇杯のタイトルに繋げていく、と。そういう精神的な部分に加えて、あとは当然シーズンも佳境に入ってくるわけで疲労、リカバリー。疲労回復とチームとしてやるべきことをしっかりと整理した上で、次の試合に向かっていく。そういう準備が必要かと思っています。

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック