「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

リーグタイトル奪還ならず/【レビュー】明治安田生命J1リーグ第33節 ヴィッセル神戸戦

 ヴィッセル神戸は予想どおりSBの背後を攻めてきた。[3-4-3]の布陣の肝はWGの2人。この日は、イニエスタが軽傷、ビジャはあと1枚警告を受けるとホーム最終戦に出場できなくなるため温存。そこで右にはルーカス・ポドルスキがそのまま入ったが、左には郷家友太が入った。

 彼らに与えられたミッションは鹿島のSBの攻略だった。

 

 

(残り 3955文字/全文: 4152文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック