「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

荒木遼太郎の2戦連発以外にも、若手が続々と持ち味を見せる/【レビュー】いばらきサッカーフェスティバル 水戸ホーリーホック戦

 監督が新しくなったとき選手は横一線でのスタートになる。いままでの実績はリセットされ、いまその瞬間でどういったプレーをできるかで監督の評価を得ることができる。若手が抜擢されるタイミングが多いのも、予断や色眼鏡なしにプレーを見てもらえるからだ。

  その意味で、ザーゴの要求に素直に応えた若手選手たちは、非常にいいアピールができていた。ゴールを決めた荒木遼太郎はもちろん、次々と楔を打ち込みサイドにボールを振っていった町田浩樹・関川郁万の両CB、後半に入った松村優太と沖悠哉もザーゴに起用された最初の試合で自分の持ち味を存分に発揮できた。彼らの活躍はチームの底上げにつながるだけでなく、レギュラー争いに名乗りを上げるほどのインパクトがあった。

 

 

(残り 3178文字/全文: 3507文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック