「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

おさらい。なぜ、鹿島は改革の舵を切ったのか(その1)/【コラム】

 公式戦3連敗。しかも、すべて無得点という負け方は少なからずショックを与えるものだった。コロナウイルスの蔓延を防ぐために設けられた中断期間は、本来であれば喜ぶべきことではない。しかし、試合をせずに準備する時間を与えられたことは、いまのチーム状況を見ると間違いなくプラスである。

 そもそも、なぜ、鹿島は今季から改革に乗り出したのだろうか。

 いままでも何度か書いてきたテーマではあるが、ルヴァン杯とJリーグが延期になったということで、いま一度、鹿島が次の時代にどう向かおうとしているのかをおさらいしたい。

 

 

(残り 1825文字/全文: 2084文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ