「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

鹿島の新型コロナ禍を抑制するメルカリへの経営権移行/【コラム】

 Jリーグのいくつかのクラブが報道陣も完全にシャットダウンしたなかでトレーニングを行う一方で、今日も鹿島アントラーズクラブハウスは平穏な空気が流れている。落ち着いた環境で練習に取り組めるのは、鹿嶋市が東京から距離をおいた地域にある恩恵とも言えるだろう。

 クラブ全体が落ち着いて対処できており、先日の札幌との練習試合をDAZNで中継するなど、この状況への対処から一歩前に出られているのは、クラブの体制が大きく変化したからだ。旧来型の重工業の会社経営方法ではここまで即断即決の対応はできなかっただろう。コロナ禍に見舞われるJリーグのなかでも、存在感を放っているのはメルカリの貢献が大きい。

 

(残り 722文字/全文: 1018文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック