「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

Jリーグ再開の見通し立たず。秋春制移行への絶好の機会!?/【ニュース】

 J1は5月9日からの再開を目指していたJリーグだが、3日、NPB・Jリーグ合同記者会見が行われ、そのスケジュールでの再開は難しいことが村井チェアマンから明らかにされた。詳しくは、ブリーフィングを取材した西川結城記者の解説動画を見て欲しい。

 

 

 同時に、4日に予定されていた鹿島対町田の練習試合の中止も発表された。

 

 一応は、5月下旬から6月を目処に再開を目指すことになるようだが、それならば、思い切って再開を遅らせて秋春制の移行にチャレンジしてみるのもいいのでは、という意見も聞こえてきた。

 確かに、スケジュール的には余裕が生まれ、運営的にはメリットが多そうだ。また、秋春制になることでフットボール界の中心であるヨーロッパと同じカレンダーで動くことができるようになる。シーズン途中での移籍を防ぐこともでき、競技的にもメリットが多い絶好の機会に見える。

 しかし、事業面から見ると簡単ではない問題が横たわっている。

 

(残り 750文字/全文: 1402文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック