「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

3連覇を目前に控えた1週間で選手たちが強調したこと/【コラム】追憶のアントラーズ(09シーズン⑩)

 これまで書きためてきた取材ノート51冊をふり返りの第17回目。

 以前の原稿 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回

 

 33節にガンバ大阪に5-1で勝利し、3連覇に王手をかけたことは選手たちに大きな自信を植え付けた。どんな試合でもあまり満足した表情を見せない小笠原満男でさえ「ボールへの寄せもあったし、いい入り方ができていた。全体的に見てもいい試合だった」と手応えを感じていた。野沢拓也は「1週間を大切にしていい準備をしたい」とすでに冷静だった。

 その姿は、監督のオズワルド・オリヴェイラとは対照的だったと言えるだろう。ホーム最終戦ということでサポーターの前で挨拶に立ったオズワルドは、昨年に続き情熱的な演説で3連覇に向けてサポーターを巻き込んで士気を高めた。鈴木満強化部長は「選手がいちばん落ち着いている」と選手たちの様子を頼もしそうに眺めていた。

 

 前人未踏の3連覇への王手ということもあり、マスコミの注目度もうなぎのぼり。いくらいい勝ち方をして最終節に臨むことができたとはいえ、試合までの1週間の準備を平常心で行うことは簡単ではなかったはずだ。

 ただ試合をして勝つだけなら、実力どおりの力を出すことは難しくないだろう。しかし、入れ替わり立ち替わりたくさんのマスコミが押し寄せ、連日連夜、3連覇について問われるのである。それに対する耐性がなければ気持ちを持っていかれ、いつもと同じ準備はできないだろう。

 準備ができなければ同じような試合はできない。3連覇を達成するためにも重要な1週間だった。

 

(残り 1280文字/全文: 1972文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック