「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

☆無料記事☆全体練習を再開。三竿健斗がオンライン取材に応じる/【ニュース】

 4月7日からトレーニングを休止していた鹿島アントラーズが、28日、全体練習を再開した。今月18日からグループに分かれたトレーニングは再開していたが、茨城県内の休業要請緩和や外出自粛の解除を受け、チーム全体の練習も再開した。

 久々に全員での練習を終えたキャプテンの三竿健斗は「みんなすごくパワーがたまっていた。自発的に声を出すようになっていた」と話した。日頃、サポーターの応援や勝利を求められるプレッシャーを受けてきたが、そうしたものがまったく消えた生活となったことで「なにをしてるんだろう」と疑問を抱き、「生きがいがなくなった」という。

 トレーニングルームの窓を解放して3密を避けたり、個人用のスクイーズボトルが用意されるなど、多くの部分で練習様式に変化が起きた。改めて自分たちが多くのサポートを受けていることを実感したという三竿。改めて、ザーゴ新監督を迎えた今季に向けて「挑戦する姿を見て欲しい」と意気込んだ。

 

 

©KASHIMA ANTLERS

(写真の提供は、すべて鹿島アントラーズ)

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック