「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

最後の3分の1から逆算されるもの/【レビュー】明治安田J1第4節 浦和レッズ戦

浦和レッズ 1-0 鹿島アントラーズ

<得点者>

なし

 

 

 少ないチャンスを特別な能力を持った個の力でものにして、乏しい内容でも勝利という結果を得る。浦和レッズの戦いぶりは、まるで昨季の鹿島を見ているかのようだった。

 公式記録では、シュートは互いに4本ずつ。

「後半はほぼ我々がプレーしていました。ワンサイドゲームの形になっていたと思います。ただ、あれだけ多くのチャンスをつくっていながら決められないのが難しいところです」

 試合後、ザーゴ監督はそう話したが、さすがにこのコメントを納得感を持って受け入れるのは難しい。後半は苦もなくボールを前進させていたが、ゴール前のチャンスは上田綺世のヘディングシュートくらいだろう。「あれだけ多くのチャンス」と言うのはさすがに無理がある。

 だからといってザーゴに指揮官としての能力が無いとは思わない。日本人の性質を理解すれば、もっと有効な手を打てるようになるのではないか。試合後の会見はそんな感想を抱かせた。

 

 

(残り 4488文字/全文: 4957文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック