「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

少しずつ明らかになってきたザーゴ式。監督が選手に容認する自由度はどれくらい?/【コラム】

 ザーゴ監督の考えがだんだんわかってきた。普段であれば、選手を取材することでどんな指示を受けて、ピッチの中の景色はどうだったのかを確認することができるが、現在は新型コロナウイルスの感染防止のためリモート取材しか許されていない。選手はなかなか捕まえることができず、リモート取材で本音を引き出すのも難しい。

 そこで、監督に直撃することが最も簡単な確認方法となっている。試合後のリモート取材は5分という目安が設定されているため、長い質問をすることが難しい。そこで、練習後に行われるリモート取材のなかで、いくつかの疑問をぶつけてみた。

 すると、監督がなにを選手に求め、どこまで自由が当たられているのかなど、だいぶザーゴ式の詳細な姿が見えてきた。

 

 

(残り 2082文字/全文: 2409文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ