「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

コンセプトを理解する段階を終え、次のステップへ/【プレビュー】明治安田J1第8節 大分トリニータ戦

 3連敗中の大分トリニータとの対戦である。昨季開幕戦のように自陣でのパスまわしで相手を引き込み、食いつかせたところで裏を取る戦いが非常に厄介な相手だが、今季は大分にボールを持たせるチームも多く、なかなか結果が残せていないようだ。また、連戦の疲労を考慮して、メンバーを入れ替えながら戦っているため、どうしてもチームとしてのクオリティが保てないという資金の少ないクラブの泣き所も露呈している。交代枠も5人に増え、11人もしくは14人の質から、16人、もしくはそれ以上に質の高い選手を揃えるクラブとの差は、想像以上に大きいのだろう。

 前節は清水にCKから4失点。鹿島も4試合連続でセットプレー絡みの失点が続いているため、どちらがしっかり修正してくるかの戦いになりそうだ。

 

 

(残り 1785文字/全文: 2127文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ