「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

今季初の3連勝。目論見どおりの先制点で結果だけでなく内容もシーズンベストを更新/【レビュー】明治安田J1第14節 名古屋グランパス戦

全体の内容を見ても失点の場面だけ『どうしたんだ?』という感じで、決して全体的に悪くて圧倒されて0-2になったという展開ではありませんでした」

「3失点目は、なんでそんな取られ方をするのかという、一瞬だけそんな時間を作ってしまった」

 マッシモ・フィッカデンティの嘆き節が、逆にこの試合を物語る。これまで決まらなかった鋭い一刺しがしっかりとゴールネットを揺らし、今季初の3連勝は理想的な内容での勝利となった。

「自分たちのサッカーをしても勝点に結びつかないところがありましたけど、今日は内容と結果が合致したところがあると思います」

 ザーゴ監督は、とても誇らしそうだった。

 

 

(残り 2813文字/全文: 3133文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ