「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

やるかやられるか、の真っ向勝負/【プレビュー】明治安田J1第17節 セレッソ大阪戦

 現在、明治安田J1で5連勝しているチームは2つしかない。鹿島とセレッソ大阪。その2チームが対戦を迎える。2位のC大阪とは勝点12差が開いているが、その差がチーム力の差を表していないことは”5連勝”という数字が打ち消してくれる。

 相手がやりたいこともわかっているし、こちらがやろうとすることも相手はわかっている。互いにやろうとすることはがっちり噛み合ってしまうだろう。そのとき重要になるのは一歩を踏み出す勇気だ。ボールを狩ろうと待ち構えている相手は怖いかもしれないが、それをリスペクトしすぎてはなにも起きない。

「お互いのチームがサッカーを知っているチームですし、選手もクオリティが高く、技術の高いサッカーをしている選手が多いのでおもしろい試合になると思います。明日が鹿島にとっていい日になるよう、スタジアムから勝点3を持って帰れるようにしたいと思います」

 エヴェラウドはそう言って大阪へ向かっていった。

 

©KASHIMA ANTLERS

 

(残り 4242文字/全文: 4667文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ