「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

連勝は7でストップ。その原因は?/【レビュー】明治安田J1第19節 大分トリニータ戦

 まだまだ連勝を止めずに走り続けたかったが、大分トリニータにうまくやられてしまった。連勝は7でストップ。順位も5位に後退した。それでも逆転優勝を狙いたいところだが、一つつまずいてしまった。現実的には、まずAFCチャンピオンズリーグ出場権を得られる3位以内に入ってから次を考えるべきだろう。

 ザーゴ監督は「1敗すると終わってしまった感じがあるかもしれませんが、物事をやり続けるということ、信頼関係をもっと深めることは重要なことかと思います」とコメントした。確かにそのとおりだ。試合としては、土居聖真と犬飼智也の不在が随所に感じられてしまったが、映像を見返してみると思いのほか”いつもどおり”にやるべきことができていた。ただし、”いつもどおり”にできていたからこそ、肝心の場面がいつもと違ってしまう難しさがあった。

 

 

(残り 4156文字/全文: 4549文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ