「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

ゴールを奪え/【プレビュー】明治安田J1第21節 横浜FC戦

 2連敗して当たるのは横浜FCである。前回の対戦ではハンドの判定を取ってもらえず足が止まったところでゴールを奪われ0-1で敗戦した。CBは奈良竜樹と町田浩樹の組み合わせ。奈良はそれ以来、先発の機会を得られていない。同じく先発した小泉慶が、その後、右SBのポジションを確立させたのとは対照的だ。とはいえ、右SBはこの次の試合で広瀬陸斗が負傷、内田篤人が引退というイレギュラーが続いた。選手の活躍には運も大きく絡むことを感じさせる。

 チームとしての形は、前回対戦時から進歩させたものをイメージすれば問題ないだろう。互いにブレることなくチームを進化させることを目指してきた。前回はうまく発揮できなかった自分たちのサッカーをしっかり相手にぶつけたい。 

 

 

(残り 932文字/全文: 1291文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ