「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

開幕戦のリベンジへ/【プレビュー】明治安田J1第24節 サンフレッチェ広島戦

 誰もが考えることは開幕戦のリベンジだろう。

「開幕戦で0-3で非常に悔しい思いをしているので、ホームでしっかりその借りを返すだけですし、そのためにしっかりチームとしても準備しているので、しっかりその借りを返せるように頑張りたいなと思います」

 23日、リモート取材に応じた和泉竜司は、悔しさを忘れていなかった。彼の足にはあのとき外した感覚が残っているかもしれない。あそこでゴールを決めていれば、鹿島のスタートも和泉のスタートもまったく違うものになっていただろう。選手の運命はほんとうに微妙なところで左右される。

 

©KASHIMA ANTLERS

 

(残り 2738文字/全文: 3017文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ