「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

DF22広瀬陸斗・彼だけが見えるパスコース/【プレイヤーズファイル】

 先日、引退した内田篤人さんの初の冠番組「内田篤人のFOOTBALL TIME」を取材した。番組のなかではSBの狙う場所についての解説があり、収録現場で聞いているときからとても興味深い内容だった。ぜひDAZNでチェックして欲しい。

 簡単に言うと、味方のSHがパスを受けようとして引いてきたときに、マークする敵の選手も引き連れてくるので、その背後に飛び出す選手にパスを出しときの狙い方や注意点だったのだが、基礎編の説明が終わると応用編があった。サイドのスペースを狙って選手が動いたことで、SBからピッチの真ん中に向けて斜めのパスコースが開ける。

ボク、ここに付けれる選手が好き」

 そういえば内田はそこにパスを通すことを得意としていた。同時に、広瀬陸斗のことが思い出された。タイプが違う広瀬のことを、内田はとても評価していた。その理由もこれだろう。広瀬は他の人と違うところが見えている。

 

(残り 453文字/全文: 846文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ