「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

FW36上田綺世・チャンスは逃さない/【プレイヤーズファイル】

 横浜FM戦で上田綺世が決めたゴールが先週のJリーグ週間ベストゴールに選ばれた。他にもエヴェラウドのゴールが4位、遠藤康のボレーが2位と、3つのゴラッソが全て選出された。

 

 

「横浜のディフェンスラインが常にハイラインなのはわかっていましたし、去年からそこは変わっていないので、僕の特長を生かしやすいかな、と自分も個人的には思っていて、それが生きたゴールだったと思います」

 最終ラインでCBと駆け引きすることを特長とする上田にとって、ラインを高く設定してくれる横浜FMは、背後の狙いがいがある相手なのだろう。

 とはいえ、いくら動いてもパスが出なければ意味がない。

「聖真くんのボールがピンポイントに来たのが結局すべて。ピンポイントのボールも、そこから先のスキルは、あとは自分次第なんですけれど、結局他人に頼らなければいけないところはいけない。それが、聖真くんのおかげでできたというだけのゴールかなと思います」

 どちらかというと短い距離のパスのイメージが強かった土居から、ああいう足の長いピンポイントパスで得点につながったことは、今後の2人の連携に期待が高まる。上田も、自分の動きを感じ取ってパスを出してくれた土居に強く感謝していた。

 

(残り 896文字/全文: 1482文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ