「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

セットプレー、リスタートの確認/【練習レポート】

 11日も12日もあまり負荷の高いトレーニングは行わなかった。12日の今日はリスタートの確認がメイン。相手はつけずに自分たちのやり方を攻撃と守備において確認していた。

 

 

 何をやっていたのか記す必要はないだろう。明確な狙いはある様だったので試合で得点につながることを期待したい。

 ゴールが決まると決めた選手が声をあげて喜び、いつの間にか競り合うようにゴールを決めては喜ぶ様になっていた。相手をつけずに取り組む練習は、どうしても集中力が欠けやすくふわっとした雰囲気になってしまう。それを防ぐ意味でも三竿健斗や遠藤康が声を出して練習を盛り上げていたのが非常に良かった。

 そうすると、釣られるようにまわりの選手もいいプレーをし始める。悪くないトレーニングだった。

 

 

(残り 748文字/全文: 1094文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ