「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

ギリギリのところでの3連戦がスタート/【プレビュー】明治安田J1第28節 ベガルタ仙台戦

 3勝9分16敗のベガルタ仙台との対戦だ。残り5試合はとにかく全勝しないと始まらない。来季のACL出場権を手に入れるためには全勝が前提条件となる。相手は最近の5試合で1勝2分2敗だが、ここ2試合はG大阪に4−0で大勝すると、FC東京にも2−2で引き分け、上位相手に1勝1分の好成績を残している。布陣も[4−3−3]に変更し、CFに長沢駿を据えるとG大阪戦でのハットトリックを始め2試合で4得点の大暴れ。警戒すべき対戦相手と言えるだろう。

 ザーゴ監督も警戒を怠らなかった。

「ここ2試合で、アウェーで1勝とホームで1分け。長い間、ホームで未勝利ということを考えたら、あとは最近指摘されているサイド攻撃というところがあるので、まずそういう形を作らせない、スペースを与えないということが一つ。あとは自分たちが集中力を切らさない、注意力を切らさないということが重要ではないかなと思います」

 ただ、それは付随する要素。主要素はあくまで自分たちにあると監督は強調した。

「相手はいますけれど、自分たちがどれだけ自分たちのやり方をやり通せるか、やり続けるかということが一番のポイントではないかなと思う。指摘された相手の特徴だったり、クロスから長身のCFに合わせていくところがあるので、自分たちのサッカーをやりながら相手の長所を消していくかというところが、一つのポイントになっていくのではないかなと思います」

©KASHIMA ANTLERS

 

(残り 1131文字/全文: 1743文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ