「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

曽ヶ端準、アシスタントGKコーチとしての日常/【家族の風景】

 2020年12月27日に引退会見を終え、10日余り経ったあとからすぐに自主練を始めた選手たちに付き合い、曽ヶ端準のコーチ業はスタートした。

「選手たちが来る少し前の8時にはクラブハウスに来て、練習の準備をしています。いまは2部練習なので選手のときは家に帰って昼食を食べていましたけど、クラブハウスで弁当を食べて午後の練習に備えています。クラブハウスを出るのはだいたい6時くらいです」

 つまり8時から18時まで10時間、アシスタントGKコーチとして選手のパフォーマンスを高めるためにサポートする毎日がスタートした。

 

(残り 717文字/全文: 977文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ