「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

FW9エヴェラウド・鹿島残留の決め手となったサポーターの存在/【プレイヤーズファイル】

 鹿島アントラーズは2021年シーズンを迎えるにあたってディエゴ・ピトゥカとアルトゥール・カイキを獲得した。残念ながら来日することはできていないが、クラブとしては、従来よりもワンランクレベルが高い外国人選手を抱えることができたという手応えを得ている。非常事態宣言が延長される厳しい情勢もあり、Jリーグは日本プロ野球機構と共同して政府に特例措置を求めるようだが、早く彼らの姿を見たいものだ。

 とはいえ、もしかしたら今季最大の補強は彼らを獲得できたことではなく、エヴェラウドが残留したことにあるかもしれない。昨季18得点のエースストライカーは、再び日本で、鹿島でプレーすることを選んだ。

 

 

 

(残り 1052文字/全文: 1411文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ