「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

プレーの精度をどう上げるのか。課題が多かった3、4本目/【レビュー】練習試合@宮崎キャンプ 鹿島アントラーズ対ヴァンフォーレ甲府

10日、鹿島アントラーズはヴァンフォーレ甲府と練習試合を行い、35分×4本で3−1という結果に終わった。

1本目 1-1(得点者:34分永戸)

2本目 0-0

3本目 0-0

4本目 2-0 (得点者:22分荒木、30分上田)

 

3本目からは鹿島もガラリとメンバーを入れ替え、甲府も同様に選手を入れ替えていた。ただ、鹿島が満遍なく選手を起用していたのとは違い、甲府は2番手、3番手となる選手がほとんどだったと聞く。4本目になって2点を奪うことはできたが、内容的にはそこまでではなかった。

課題は、ゴール前に供給するパスの質。上田綺世に誰がどうやってパスを供給するのか。そこには大きな課題を残した。

 

 

 

(残り 3208文字/全文: 3584文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ