「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

強度と集中力を伴ったいい雰囲気でのトレーニング/【練習レポート】

 上田綺世がポストでボールを失うと「綺世、弱い!」と沖悠哉が指摘する。白崎凌兵に削られた舩橋佑が痛みに顔を歪めるとすかさず犬飼智也が「佑、バモ!」と励ます。練習開始時にはいかにも重そうに走っていたレオ・シルバが時間の経過と共にいつもの推進力を見せるようになり、カウンターの守備側に入った小泉慶はどんなに遠い位置からでも必死の形相でゴールまで戻る。

 鹿嶋に戻っても一つ一つのプレーに妥協がない。明るい雰囲気のなかに強度と集中力を内包する。いいトレーニングができている。

 

 

(残り 304文字/全文: 547文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ